日時

12月19日(水)
13:00-15:00

定員

50名

参加費

無料

これまで誰も経験したことの無い、採用難の時代。特に、サービス産業の“アルバイト”の人手不足は年を増すごとに厳しくなる一方。
また、人手不足による倒産件数も過去最高を記録し続ける。
サービ産業の人事は今までの“採用”に依存した施策から、定着・活躍に向けた取り組みが経営課題となる時代になってきたことは明らかだ。
そんな中でも、ファーストフードの大手「マクドナルド」は異彩を放っている。
採用難な中でも、求人媒体で「マクドナルド」の求人を見る機会は少なく、一方で従業員満足度は85%を超え、
従業員の働き方に対する注目のほうがメディアで触れる機会は多い。
今回は、そんなマクドナルドが、長年取り組んできた従業員満足度を上げる取り組みなど、様々企業の事例とナレッジを共有。
日本の中核となるサービス産業の“企業”と“従業員”がより“活き活き”と輝く産業になるために、
人事が今から何を取り組むべきなのか?を語る。

タイムスケジュール

12:30~13:00
開場
13:00~13:15
開会挨拶
13:15~14:15
基調講演
「日本マクドナルドで100万人のアルバイト採用を推進した人事プロフェッショナルが語る最新事例も公開!今こそ、従業員の定着・活躍に向けて、人事が取り組むべきこととは?」

パーソル総合研究所
人事統括マネージャー
日比谷氏

14:15~14:45
講演

非正規雇用の従業員が今求める働き方とは? 
~スタッフ視点のデータで見る、求められる管理者像~

パーソルキャリア株式会社 Sync Up Company
竹下壮太郎

14:50~15:00
クロージングトーク

講師紹介

    

フィールドHRラボ責任者/エバンジェリスト/日比谷 勉

日比谷勉

日本マクドナルド株式会社にて、採用部門の責任者として、様々な新しい採用戦略を実施し、計100万人のアルバイト・パート採用を推進
2004年より、"採用の見える化"をゴールとしたHR TECHツールの自社開発をスタート。システム導入により蓄積されたデータは、その後の変化の激しいアルバイト・パート採用市場において、時代を先取りした施策の実施に貢献した。
2008年からの"e-Recruiting戦略"の一環で開発した自社運営のアルバイト求人サイト「マックdeバイト」と一括応募を可能としたコールセンター設立による功績は、全世界でトップ1%の優秀な業績を残した従業員に贈られる「プレジデントアワード」を受賞。また2008年からは、日本マクドナルドのフランチャイズ店舗の比率70%化というビジネスモデルの転換期において、フランチャイズ法人のビジネスパートナーとして、採用・育成・処遇・福利厚生・労務の人事コンサルティングに従事。
2014年、採用部門に復帰後、2015年からのマクドナルドの「V字回復」の成果に関して、年間7万人規模の人材確保の側面から大きく貢献した。
2018年4月、株式会社パーソル総合研究所入社。"現場"のアルバイト・パート領域に特化した調査・研究・コンサルティングを行う「フィールドHRラボ」を設立。ラボの責任者であるとともに、エバンジェリストを務める。

お申込み

会場

<会場>
パーソルキャリア株式会社
東京都千代田区大手町1−6−1 大手町ビルヂング5F

<アクセス>

  • ・地下鉄各線「大手町駅」
     地下道より直結(地上出口E2・C7)
    ・東京メトロ丸の内線・千代田線 徒歩 0分
    ・東京メトロ半蔵門線 徒歩 2分
    ・東京メトロ東西線 徒歩 2分
    ・都営三田線 徒歩 10分

画像タップで拡大表示されます

お問い合わせ

本セミナーについてのお問い合わせは

SyncUp事務局まで

Mail : [email protected]

注意事項
セミナーにお申込みされる際、以下の事項をご確認ください。
  • セミナー当日は受付にて名刺の提出が必要です。
  • 応募者多数の場合は抽選とさせていただく場合がございます。
  • 外食・小売などサービス企業の人事責任者・管理職の方が主な参加対象となっております。